紙幣を持つ人

投資を成功させて稼ぐ│日本財託の評判が良いので調べよう

経営状態が安定し成長中

集合住宅

空室対策に熱心な会社

日本財託がアパート経営者などの不動産投資家から評判が良いのは、日本財託が公開している経営資料からも明らかです。日本財託が管理している戸数は平成28年に1万6千戸を突破しており、日本財託を通じてアパート経営などの不動産投資を行っているオーナーの数も、平成28年には遂に6千人を超えるまでに成長しています。平成2年の会社創設以来、毎年順調に管理戸数とオーナー数を伸ばしており、それに伴い会社の経常利益も伸び続けています。不動産投資のパートナーとなる会社を選ぶ場合、会社の評判や経営状態の安定は重要な指標となります。業界大手であり、数多くのオーナーがいるという安心感は、不動産投資会社を選ぶ際の大きな決め手となっていることは間違いないでしょう。アパートやマンション、オフィスビルへの不動産投資をするときに、最も心配なのが空室リスクです。日本財託は、管理物件の空室率の低下に対して徹底的な対策を行っていることも評判となっています。物件を仲介してくれる不動産会社との強力なパイプを持っていることや外国人留学生の開拓、企業や大学に強い営業など、いろいろなルートを用いて空室解消に賢明の努力を行っており、近年は98パーセントを超えるほどの入居率をキープしています。日本財託の空室対策が有効であることは、実際に入居率に現れているため、空室に強いという日本財託の評判を聞きつけて、新規オーナーが増えるのも当然と言えるでしょう。